ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「規格外野菜、捨てるくらいなら配ればいい」と思ってない? 農家が明かす「できない理由」に納得

中沢 新

中沢 新

2021.10.05 11:00

大きさや形、色などが市場で定められた規格から外れてしまった「規格外野菜」。ジュースやカット野菜として加工されるケースもあるが、廃棄処分されてしまうものも少なくない。

消費者からすると「捨てるくらいなら無料で分けてほしい」と思ってしまう。しかし、そう簡単にはいかないらしい。ツイッター上でとあるナス農家が訴えた「規格外野菜の実情」が注目を集めている。

ナス男(@nasuo_nouka)さんのツイートより(以下同)
ナス男(@nasuo_nouka)さんのツイートより(以下同)

投稿したのは、愛知県でハウスナス栽培を行うナス男(@nasuo_nouka)さん。ナス男さんはナス栽培の傍ら自身で「就農成り上がりブログ」を運営し、日々農家のリアルを伝えている。そんなナス男さんが2021年9月24日、

「消費者が知らない、規格外野菜の実情」

とのコメントを添えて4コマ漫画(作画:えぴこ(@epico428)さん)を投稿した。ツイートは10月2日夜時点2万9000件のいいねが付くほど、反響を呼んでいる。

出荷できない規格外野菜の実情とは、一体どんなものなのだろうか。

「捨てるくらいならもらってやる!」
続きを読む
PAGETOP