ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

これがケーキ...だと? かわいい手毬にしか見えない、まん丸スイーツに驚嘆の声「天才が過ぎる」

井上 慧果

井上 慧果

2021.09.15 06:00

食べずに飾っておきたくなるほど愛らしい手作りスイーツが、ツイッターで話題となっている。

美しい(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)
美しい(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)

これは2021年9月11日、ツイッターユーザーのぷん(@Pum_Jeunesverts)さんが

「10種類のクレープ生地焼いて手毬ケーキ作りました
金具みたいに見える黄色いお花の飾りはチョコレートとお砂糖」

とコメントを付けて投稿した写真だ。

ふっくらと丸く、可愛らしい手毬はなんと食べられるらしい。

記者の目には、精巧な布細工にしか見えない。しかし、この手毬を半分に切ってみると......。

気になる中身は

美味しそう(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)
美味しそう(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)

中はしっかりとケーキになっている。

この「手毬ケーキ」に対し、ツイッターでは

「芸術や...美味しそう」
「見てるだけでも幸せ 美しい」
「なんだこれ天才が過ぎるやろ」
「美しく可愛い上に食べられるとか...」

といった反応が寄せられている。

この美しいケーキは、どのように作られたのだろう。Jタウンネット記者が13日、投稿者のぷんさんを取材し、詳しい話を聞いた。

「もともと和のテイストが好きで、何かお菓子作りに繋がるものはないかなと考えていた時に、手毬を見てこれなら形にできそうと思い作り始めました」

と今回の手毬ケーキの制作経緯を語るぷんさん。

その作り方を尋ねると、

「卵白のみの白い生地と、全卵で作る黄色がかった生地の2種類をベースとして、そこに自分の出したい色によってどちらかのベースの生地に抹茶や苺パウダー、その他アイシングカラーなどで着色して10種類の生地を用意します。
この10種類の生地を組み合わせて模様などを作っていくのですが、まずは模様となる色の生地でフライパンに模様を描き、少し熱を加えてからもう一種類の違う色の生地を流して焼きます」

とのこと。手間をかけて丁寧に作られているのがよく分かる。すごい作品だ......。

特徴的なまん丸な形については、頭の中のイメージを実際に形にできるのか、クレープ生地で包めるのか心配だったそうだが、「ほぼ自分の思い描いていた通りに作れたので良かったです」と語った。

見た目だけではなく食べても美味しい

ぷんさんが作った手毬ケーキは、ピンク色、緑色、黄色の全三種類。中身はふわふわのレアチーズケーキと、ミルクチョコレートを使った一般的なガナッシュをビスキュイで挟んだもの。

そしてピンクの手毬と、黄色の手毬の中身は苺、緑の手毬の中にはシャインマスカットを丸ごと入れているそう。ピンクの手毬は、生地の着色にも苺パウダーを使用しているとのことだ。

三色の手毬(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)
三色の手毬(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)

ぷんさんは、手毬ケーキ作りにあたり特にこだわった点を、こう語る。

「こだわった点、1つはクレープ生地の色合いかなと思います。華やかだけど全体的には優しい色合いになるように、食べたいと思えるような色合いになるようにと考えながら作りました」
「もう1つは、見た目だけではなく食べても美味しいという点です。
中のレアチーズは、ゼラチンを多くして硬めにした方が成形など作業はしやすいのですが、私はふわっと口溶けも良い方が好きなので、ゼラチンの分量はぎりぎりまで減らして、クリームチーズに合わせる8分立て生クリームの分量は多めの配合にしてます」

食べてしまうのがもったいない...!と思っていたが、やはりこれはスイーツ。味にもしっかりこだわって作られていた。食べた感想を尋ねると、

「優しい甘さのレアチーズにガナッシュのしっかりした甘さが少しとフルーツの瑞々しさがアクセントになって美味しかったです」

とぷんさん。

どの角度も綺麗(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)
どの角度も綺麗(画像はぷん@Pum_Jeunesvertsさん提供)

手毬ケーキは14日夕時点で、14万7000件のいいねを集めるなど、大きな注目を集めている。この反響についてぷんさんは、

「ここまで多くの方に見てもらえるとは思ってなかったので驚いていますが、素直に嬉しい気持ちです」

とコメントした。

なお、「欲しい」「買いたい」といった声もツイッターでは上がっていたものの、ぷんさんは食品販売をするための資格等は持っておらず、この手毬ケーキはあくまで「趣味の範囲」とのこと。写真を見て目で楽しんでほしい。

PAGETOP