ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

ラーメン激戦区で行列のできる人気店「極鶏」 超濃厚ドロドロスープは、カップ麺でいかに再現されるのか?

オサーン

オサーン

2021.08.29 11:00

京都の食文化の多彩さに脱帽

京都の人気ラーメン店「麺屋 極鶏」の「赤だく」を再現したカップ麺。さすがにお店のまるで固形物のようなとろみのスープは再現できていませんが、鶏の自然な旨みが感じられ、唐辛子の辛味によってその甘さがさらに際立っていました。

真っ赤でとろみのついたスープは見た目こそ派手ですが、むしろ素直な鶏の旨みが大きな魅力となっています。

粋な京料理、京懐石がありながら、今回の「極鶏」や「餃子の王将」のようなパワフルな食も生み出してしまう、京都の食文化の多彩さ、レンジの広さに脱帽です。

カップ麺を通してその食文化の一端に触れてみるのも面白いのではないでしょうか。

筆者:オサーン

カップ麺ブロガー。十数年前に出会った「日清麺職人」のおいしさに感激したことがきっかけでブログを開設。「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」で毎週発売される新商品を食べて毎日レビューしています。豚骨スープとノンフライ麺の組み合わせがお気に入りですが、実はスープにごはんを入れて食べるのが最も至福の時です。 Twitter(@ossern)

↑gogo! fukui