ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

中部国際空港でサムライたちが合戦中! 関ケ原の戦いを描いた「動く屏風」が素晴らしすぎる

井上 慧果

井上 慧果

2021.08.01 08:00

愛知県常滑市にある中部国際空港、愛称「セントレア」。

そのロビーに展示されている芸術作品に、釘付けになってしまった――そんなつぶやきが、ツイッターで話題となっている。

これはツイッターユーザーの@__Mimi_0929__さんによる2021年7月12日の投稿。

1600年に美濃国の関ヶ原(現在の岐阜県不破郡関ケ原町)で行われた「関ヶ原の戦い」を描いた屏風の一部を撮影した動画なのだが......なんとその中で、500人の武士たちが一斉に動いているのだ。

あちらこちらで武士が槍を持って駆けていたり、馬を走らせていたり、戦いの支度をしていたり。これは確かに、見入ってしまう......。

この屏風に対し、ツイッターでは

「凄い!凄すぎます!」
「動く芸術って、良いよね」
「30分は見てられる」
「これはスゴい リアルだなあ」

といった声が寄せられている。Jタウンネットは29日、中部国際空港を取材し、広報の担当者に話を聞いた。

中部国際空港は「サムライ NINJA空港」
続きを読む
PAGETOP