ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

北千住の街に突如現れるファンタジー 閉院した「三角屋根の目医者さん」の歴史を足立区に聞いた

福田 週人

福田 週人

2021.05.03 08:00

閉業する前に中に入ってみたかった

話題になっているのは、フリーカメラマンのしめ鯖(@zz_saba)さんが2021年4月23日に撮影した写真。北千住駅前通り商店街(足立区)にあった「大橋眼科医院」を撮影したものだという。

Jタウンネット記者は26日、まずは投稿者のしめ鯖さんに詳しい話を聞いた。

普段は国内外の幻想的な世界遺産や遺跡・史跡などを巡って撮影するほか、同じくそれらの世界に登場しそうな装飾品・アクセサリーの類をレザークラフトで作成しているというしめ鯖さん。

「昨年からのコロナの騒動で渡航が厳しい環境ですので国内の変わった建物、雰囲気溢れるお店などを撮り集めていました。
それらを調べる上でこの眼科医院の存在は把握していたものの、スケジュールや予定等で訪れる機会が無かったのですが、今回SNSで閉業の噂を聞き、慌てて現地に向かった次第です」

と撮影に向かった経緯を説明した。

その際、しめ鯖さんはちょうど建物内で作業をしていたスタッフと話す機会もあったといい、

「閉業に関しての臍を噛む思いを伝えたところ、Twitter内で書いたように『直ぐに解体するという話は無いみたいです』といったお答えを聞きました。今回特にアポイントを取って撮影していたわけでは無い状態で写真を撮っていた手前、あまり長話をするのも失礼かと思い、それ以上の話はしていません」

とのこと。もう建物内に入ることはできないようだが、しばらくは解体されずに残るようでとりあえず一安心といったところだろう。

「ツイート内ではうっかり『虫歯になってでも』なんて見当違いの事を書いてしまいまっていましたけども。病院が現役のうちに目の検査でも何でもいいから理由をつけて建物の中も見てみたかった...と。
日本国内にも洋館風の建物は数多くありますが、安っぽいというかなんというか。正直なところ心が掻き立てられるようなものは非常に少ない。そういう意味では非常に貴重な場所だったと思っています」(しめ鯖さん)

Jタウンネット記者は27日、こちらの医院について、足立区役所にも取材した。

アンティーク好きな先代医院長夫妻のこだわりだった
続きを読む
PAGETOP