ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

厳島神社の「工事現場ライトアップ」が神秘的と話題に 修理中なのになぜ?市に事情を聞くと...

横田 絢

横田 絢

2020.11.04 06:00

工事現場をライトアップする理由は

では、なぜ工事現場のライトアップは行われているのだろう。

編集部は11月2日、ライトアップを行っている廿日市市役所にも取材した。

同市役所の宮島支所によると、工事現場は毎日、日暮れから23時まで明るく照らされている。大鳥居の工事が始まる以前から、鳥居を照らしていた照明で現場をライトアップしているそうだ。

工事が始まってからもライトをつけている理由を聞くと、

「ずっとついていたものが消えてしまうのも寂しいということで、神社さんとも話をして、そのまま引き続きやりましょう、とやっています」

とのことだった。

海に浮かぶ幻想的な大鳥居を見ることができないのは残念だが、こんなに神秘的な工事現場もないだろう。この貴重な姿を見に行かないのは、逆にもったいないかもしれない。

なお、厳島神社のウェブサイトでは、大鳥居の改修工事の終了予定日は「未定」となっている。

PAGETOP