ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

やきそば弁当とバゴォーンは何が違う? ご当地カップ焼きそば「二大巨頭」を徹底比較

オサーン

オサーン

2019.09.29 12:00

カップ焼そば&スープはもはや北国の食文化?

東北・信越地区限定の焼そばバゴォーンと、北海道限定のやきそば弁当を比較してきましたが、わかめスープと中華スープの違いや、キャベツやダイス肉の量に違いがあったものの、ソースの味や麺の形状など両者は共通点が多く、兄弟どころか双子商品という印象でした。

どちらも最大の特徴はスープが付いていることで、カップ焼そばをスープと一緒に食べるスタイルは、もはや北国の食文化と言っても過言ではありません。

両商品とも地域限定の商品で全国的には手に入れ難いですが、最近はスーパーの地方フェアやデパートの物産展などで取り扱われることが多く、以前よりも目にする機会は多いのではないかと思います。ぜひ皆様も北国の食文化に触れていただければと思います。

筆者:オサーン

カップ麺ブロガー。十数年前に出会った「日清麺職人」のおいしさに感激したことがきっかけでブログを開設。「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」で毎週発売される新商品を食べて毎日レビューしています。豚骨スープとノンフライ麺の組み合わせがお気に入りですが、実はスープにごはんを入れて食べるのが最も至福の時です。 Twitter(@ossern)
PAGETOP