ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

やきそば弁当とバゴォーンは何が違う? ご当地カップ焼きそば「二大巨頭」を徹底比較

オサーン

オサーン

2019.09.29 12:00

兄弟のようなカップ焼きそば

焼そばバゴォーンは、1979年に発売され、現在は東北・信越地区限定で販売されているカップ焼そばです。関東でのペヤングや関西でのUFOと同じく、東北・信越地区では高いシェアを誇ります。基本のソース味の他に、数種の他のフレーバーも展開されています。

一方のやきそば弁当は、1975年発売の北海道限定商品。北海道ではカップ焼そばの代名詞的な存在で、北海道のソウルフードとして扱われることもしばしば。こちらも多くのフレーバーがあり、「大判」や「でっかい」といったサイズ展開もされています。

どちらも同じ東洋水産のカップ焼そばで、それぞれ地域限定商品、そして焼そばバゴォーンには「わかめスープ」が、やきそば弁当には「中華スープ」が別添されており、まるで兄弟のような商品となっています。

そこで今回は、焼そばバゴォーンとやきそば弁当にどのような違いがあるのか見ていきたいと思います。

内容物の違い(左:焼そばバゴォーン、右:やきそば弁当)
内容物の違い(左:焼そばバゴォーン、右:やきそば弁当)

内容物の比較
続きを読む
PAGETOP