ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「たわん」「うったて」「さし」...広島人・岡山人が共通語だと思っていた方言

竹内 翔

竹内 翔

2015.10.31 11:00

「たう」と「届く」はどう違うの?

まずは広島から。複数のユーザーから証言があったのは、「たう(たわん)」だ。

「『たう』は『手が届く』や『板が届く』。わかりにくいでしょうが、長さなどが足りる・足りないというときに使います。『郵便が届く』というような場合は使いません」(広島県→佐賀県・年齢不明女性)

同じく「たう」。

「県外の義母が子どもに(棚の上か何かにあるものを)、
『あれ、取ってきて』
と頼みました。手が届かなかったので子どもは、
『たわん! たわん!』
と言ったのですが、すると義母は『嫌だ』という意味か何かと勘違いしたらしく、
『お手伝いをしないのは、ダメ!』
と叱られたそうです」(広島県・30代女性)
物差しのことは「さし」
続きを読む
PAGETOP