スキー・スノボに行くなら何県?【都道府県別投票】

2017年2月 6日 11:00

昨今若者のスキー離れが進んでいるというが、日本で最もポピュラーなウィンタースポーツといえば、やはりスキーとスノーボードだろう。

画像はイメージです
画像はイメージです

かつてバブル期には、若者たちがこぞってスキーに興じた。原田知世さん主演の映画「私をスキーに連れてって」がブームの火付け役となり、ゲレンデには広瀬香美さんの「ロマンスの神様」や「ゲレンデが溶けるほど恋したい」などが流れた。

多雪地帯に住む人ならば、学校の体育の授業で習うことも多いだろう。特に北日本や中央高地などは降雪が多く、冬季五輪が開催されたこともあるのでウィンタースポーツが盛んなイメージがある。一方であまり雪が降らない地域では、スキーやスノボをやったことがないという人も大勢いるだろう。

西日本の日本海側などにもゲレンデはあるが、ない地域に住む人たちはスキー・スノボをしにどこまで遠出するのだろうか。また自県にゲレンデがある人も、より良質な雪を求めて他県まで出かけたりすることはあるだろうか。

Jタウン研究所では、スキー・スノボに行くならどの道府県のゲレンデ(屋内スキー場、グラススキー場などを除く)に行くかを調査することにした。地域によってどんな違いがあるだろうか。

そこで読者の皆様に質問。

スキー・スノボに行くなら何県?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果はJタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

「投票中!」の最新記事

2017/2/7 17:00

もはや携帯電話やスマホにカメラが付いているのは当たり前となったが、カメラ付携帯電話の誕生は世の中に大きな革命をもたらした。...

2017/2/6 11:00

昨今若者のスキー離れが進んでいるというが、日本で最もポピュラーなウィンタースポーツといえば、やはりスキーとスノーボードだろう。...

2017/1/31 06:00

サンドイッチ。写真はイメージです(Timothy Tsuiさん撮影、Flickrより) 手軽に作れて、手軽に食べられ、しかもおいしい。大人も子供...

2017/1/26 11:00

イカ焼き(Jun Ohwadaさん撮影、Wikimedia Commonsより) お祭りなどに出かけると、屋台でよく見かけ...

2017/1/25 11:00

目玉焼き(克年 三沢さん撮影、Flickrより) もっともシンプルな料理の一つが、目玉焼きではないか。トーストに目玉焼き、そして美味しいコーヒ...

東京都 最新記事
2017/2/19

お釣りが500円玉で返ってくる事を期待したのに、100円玉5枚で返ってきた時の悲しみ――こんなツイートが2017年2月12日に投稿され、話題になっている。...

2017/2/19

Google翻訳に、カメラをかざすだけで、目の前の光景を訳してくれる機能が搭載された。東京五輪に向けて、インバウンド需要が高まるなか、こういうサービスがあ...

2017/2/18

クイズ・診断投稿サイト「トイダス」に出題されたトイからピックアップ! 今回は、「こここ」さんの「相鉄駅名クイズ」です。

2017/2/18

投稿者がツイートにあった「ある方法」を実践したところ、驚きの効果があった――こんなツイートが2017年2月10日に投稿され、話題になっている。ではここで、...

2017/2/18

2017年2月5日、次のような動画付きのツイートが投稿され、話題となっている。受験生へのメッセージ(尼崎駅) pic.twitter.com/hRcwDW...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    36
    10年平均比
    -50.00%
    前週比
    +50.00%
  2. 1
    3
    -23.08%
    +50.00%
  3. 1
    3
    -18.92%
    +50.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(5177)
  2. 2

    ↑(23275)
  3. 3

    ↑(19112)
  4. 4

    ↑(2408)
  5. 5

    ↑(914)
注目情報
福島復興動画

今も続く復旧・復興へ取り組む若者たちの本音とは......

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ