シャベルとスコップ、どう違う? 広辞苑もあやふや、地域別調査でも...

2016年11月11日 06:00

世の中には辞書を調べても、いまいちよくわからない言葉がある。その一例が「シャベル」と「スコップ」だ。

『広辞苑(第六版)』によると、シャベルは英語(shovel)で、「砂・砂利・粘土など軟らかい土質掘削し、すくうのに用いる道具。匙型鉄製で、木柄をつけたもの。シャブル。ショベル。スコップ」を指す。一方のスコップはオランダ語(schop)で、「粉・土砂などをすくい上げ、また混和するのに使う、大きな匙型の道具。シャベル。掬鋤(すくいぐわ)」を意味している。

どちらにも「すくう」用途で使うことが示されており、説明には互いの名称が出てくる始末。

そこでJタウン研究所では、「『シャベル』と『スコップ』、どう呼び分ける?」というテーマで都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数422票、2016年9月27日~11月8日)。

果たして結果は――。

「地域差・ランキング」の最新記事

2017/1/20 06:00

明治生まれのたい焼きは、現在に至るまで長い間愛されているおかしだ。白いたい焼きやクロワッサンたい焼き、中身もあんこ、くりあん、カスタードやチーズなどを始め...

2017/1/13 06:00

2016年10月26日、毎日新聞から発表された「第70回読者世論調査」によると、読んだことのある本のトップは、「坊ちゃん」(夏目漱石)だった。なんと61%...

2017/1/1 17:00

年は改まったが、なんだか停滞気味な世の中。ガラリと気分一新する良い方法はないだろうか。 例えば、十二支の動物を入れ替えてみてはどうだろう? 十二支「入れ...

2016/12/30 06:00

今年もあとわずかとなった。あわただしい師走の最中で、ゆっくり一年を振り返ってみる機会、あっただろうか。 3月、北海道新幹線開業。4月、熊本地震。5月、伊...

2016/12/23 06:00

Jタウンネットは2014年、「ヤンキーが多そうな県」をアンケート調査した。その時には1位の茨城県、2位の千葉県、3位福岡県――といった結果が出て、SNSな...

東京都 最新記事
2017/1/22

更衣室で聞こえた会話に「名言」があった――こんなツイートが2016年11月25日に投稿され、話題になっている。さっき更衣室で洗い場のおばちゃん達が話しして...

2017/1/22

2017年2月5日に迫った千代田区長選挙の候補者が出そろった。小池百合子東京都知事がバックアップする現職の石川雅巳区長、自民党都連推薦の与謝野信氏、無所属...

2017/1/22

電車内で隣に座ってた女の子たちの会話への理解が追いつかない――こんなツイートが2016年12月6日に投稿され、話題になっている。電車で隣に座っていた女の子...

2017/1/22

[めんたいワイド- 福岡放送] 2017年1月10日放送の「メンタイLIVE!」のコーナーは、太宰府市にある太宰府天満宮から中継されました。太宰府天満宮と...

2017/1/21

電車内で若い女性からナチュラルな柑橘系の香りがしたのでふと横を見ると――こんなツイートが2016年1月6日に投稿され、話題になっている。電車の中、 若い...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    13
    10年平均比
    16.07%
    前週比
    +116.67%
  2. 2
    34
    -17.48%
    +70.00%
  3. 3
    15
    17.19%
    +50.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(12)
  2. 2

    →(2)
  3. 3

    ↓(1)
  4. 4

    ↑(24)
  5. 5

    ↑(81748)
注目情報
trophy.jpg

投稿コンテストただいま開催中...あなたの頭脳を試そう!

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

ヘアアラート

Jタウン編集部がゆるキャラを使ってまさかの検証!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ