「シャベル」と「スコップ」、どう呼び分ける?【都道府県別調査】

2016年9月27日 17:00

土を掘ったり、雪かきをしたりする道具の「シャベル」と「スコップ」。大きさや形などで両者を呼び分ける人が多いようだが、その呼び分け方は実にあいまいだ。

シャベル?スコップ?(y_ogagagaさん撮影、Flickrより)
ソリとスコップ達

『広辞苑(第六版)』によると、シャベルは英語(shovel)で、「砂・砂利・粘土など軟らかい土質掘削し、すくうのに用いる道具。匙型鉄製で、木柄をつけたもの。シャブル。ショベル。スコップ」を指す。一方のスコップはオランダ語(schop)で、「粉・土砂などをすくい上げ、また混和するのに使う、大きな匙型の道具。シャベル。掬鋤(すくいぐわ)」を意味している。

JIS規格では、足をかけられる平らな部分があるものが「シャベル」で、流線形のものが「スコップ」と分けられているようだ。

Googleでそれぞれを画像検索してみた。

シャベル
シャベル

スコップ
スコップ

上がシャベルで、下がスコップの検索結果。画像一覧に違いはあるが、はっきりとした区別はなさそうだ。なかには同じ画像も見受けられる。

そこでJタウン研究所では、「シャベル」と「スコップ」の呼び分け方を調査することにした。

定説では、東日本では大きいものを「スコップ」小さいものを「シャベル」と呼び、西日本では大きいものを「シャベル」小さいものを「スコップ」と呼ぶ傾向があるというが、実際どんな地域差が表れるだろうか。

読者の皆様に質問。

「シャベル」と「スコップ」、どう呼び分ける?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果はJタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

東京都 最新記事
2018/9/20

年末年始恒例の館蔵品展。今回は円山応挙筆「国宝雪松図屏風」を全期間展示します。また、茶道具の名品にあわせて館蔵品の中から、動物をテーマにした絵画や工芸品を...

2018/9/20

現在コンビニエンスストア各社では、健康志向のメニュー展開が激化している。それぞれ特徴や独自性を打ち出しながら、こだわりの商品展開を行っている。 そんな中...

2018/9/20

ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。天動説から地動説(太陽中...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ