「シャベル」と「スコップ」、どう呼び分ける?【都道府県別調査】

2016年9月27日 17:00

土を掘ったり、雪かきをしたりする道具の「シャベル」と「スコップ」。大きさや形などで両者を呼び分ける人が多いようだが、その呼び分け方は実にあいまいだ。

シャベル?スコップ?(y_ogagagaさん撮影、Flickrより)
ソリとスコップ達

『広辞苑(第六版)』によると、シャベルは英語(shovel)で、「砂・砂利・粘土など軟らかい土質掘削し、すくうのに用いる道具。匙型鉄製で、木柄をつけたもの。シャブル。ショベル。スコップ」を指す。一方のスコップはオランダ語(schop)で、「粉・土砂などをすくい上げ、また混和するのに使う、大きな匙型の道具。シャベル。掬鋤(すくいぐわ)」を意味している。

JIS規格では、足をかけられる平らな部分があるものが「シャベル」で、流線形のものが「スコップ」と分けられているようだ。

Googleでそれぞれを画像検索してみた。

シャベル
シャベル

スコップ
スコップ

上がシャベルで、下がスコップの検索結果。画像一覧に違いはあるが、はっきりとした区別はなさそうだ。なかには同じ画像も見受けられる。

そこでJタウン研究所では、「シャベル」と「スコップ」の呼び分け方を調査することにした。

定説では、東日本では大きいものを「スコップ」小さいものを「シャベル」と呼び、西日本では大きいものを「シャベル」小さいものを「スコップ」と呼ぶ傾向があるというが、実際どんな地域差が表れるだろうか。

読者の皆様に質問。

「シャベル」と「スコップ」、どう呼び分ける?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果はJタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown3.jpg

ここでしか手に入らない限定グッズを見逃すな

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ