大阪メトロ、略して「大トロ」!? 民営化の市営地下鉄「愛称」めぐり意見乱立

2017年3月31日 06:00

大阪市営地下鉄・バスを民営化するための議案が、2017年3月28日、大阪市議会で可決された。

民営化して「大阪地下鉄株式会社(仮称)」となるのは2018年4月からだが、ツイッターでは早くも、民営化後の愛称についての意見が投稿されている。

「大トロ」か「大阪サブウェイ」が有力か

愛称の行方はいかに。(Wei-Te Wongさん撮影。画像はイメージ。Flickrより)
道頓堀

愛称の案については複数の意見が見られるが、中でも目立つのが「大トロ」派と「大阪サブウェイ」派だ。

東京地下鉄株式会社の愛称が東京メトロであることから、それに倣い、大阪地下鉄株式会社が大阪メトロと呼ばれうる可能性は高い。

そこから更に一歩進み、「大トロ」としてはどうか、というのが「大トロ」派の提案だ。

大阪で東京メトロが話題になる頻度のことを考えると、単に「メトロ」であっても問題なく通じるだろう。しかし、「大トロ」のキャッチ―さも捨てがたい。

しかし、「メトロ」の語を使うと東京の二番煎じであることから、「大阪サブウェイ」を押す声も強い。

東京との違いを強調し、独自性を出すという点ではこちらが有力だろう。難点と言えば、有名サンドウィッチチェーンと被ってしまうことだが......。

その他にも、イギリス風の「大阪チューブ」や「アンダーグラウンド」を推す声もある。いずれはそれらの中から愛称として定着するものが現れるかもしれないが、それまでの間は、人によって違う呼び方になりそうだ。

あなたはどんな名前がいいですか?

「鉄道ネタ」の最新記事

2017/5/14 11:00

東京メトロ有楽町線、副都心線ユーザーを悩ませる問題の1つが、「千川~小竹向原間、携帯電話不通問題」だ。2016年9月にもJタウンネットではこの問題について...

2017/5/6 11:00

JR四国 121系電車(kazusanさん撮影、Wikimedia Commonsより) 1987年に発足し、今年30...

2017/5/5 11:00

JR北海道721系電車(JAL EXPRESSさん撮影、Wikimedia Commonsより) 今年30周年を迎えたJ...

2017/5/4 11:00

JR西日本321系電車(w0746203-1さん撮影、Wikimedia Commonsより) 発足30周年を迎えたJR...

2017/5/3 11:00

JR九州 813系電車(Amayaganさん撮影、Wikimedia Commonsより) 発足30周年を迎えたJR九...

東京都 最新記事
2017/5/26

Jタウン研究所では、「小麦粉団子を入れた汁物」の呼び名について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数962票、2017年4月14日~5月22日)。...

2017/5/25

満員電車の辛さがヤバいほど分かる画像がUPされ、注目を集めている、こんなツイートが2017年5月13日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな...

2017/5/25

本展「HELLOGINZA!」では、1975年に初めて銀座を訪れた時に撮影された作品から、今年撮影された新作の作品まで、約45点の写真と映像作品をご紹介し...

2017/5/24

2017年5月23日に放送された、TOKYO MX「5時に夢中!」で、北斗晶さんが、カツカレーについての持論を披露した。読売新聞23日付夕刊の記事「カツカ...

2017/5/24

出れないだろうと思った穴から、あっさり出てくる猫の様子が可愛らしい――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。絶対にその穴からは...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    176
    10年平均比
    -36.35%
    前週比
    +114.63%
  2. 2
    2
    185.71%
    +100.00%
  3. 2
    2
    -62.26%
    +100.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(4)
  2. 2

    ↑(1602)
  3. 3

    ↑(17382)
  4. 4

    ↑(1806)
  5. 5

    ↑(14504)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ