真冬のライダーに欠かせない『防寒対策』

2018年3月 9日 18:26

バイク乗りにとって冬はバイクに乗るのが最も大変な季節ではないでしょうか。

73f6843cf23f489f9628ddedf09969bb_s














グリップヒーターなどバイクに取り付けるタイプの防寒グッズもありますが、それだけではとても真冬の風を耐え切ることは出来ません。

そこで今回は幾つかの防寒対策を紹介したいと思います。

まず大前提としてデッドエアー(断熱層を作ることで熱を逃さないこと)が挙げられます。

服の中の暖められた空気が出て行ってしまえば体はすぐに冷えてしまいますから、出来るだけデッドエアーを守るように着こむことが大切です。

例えば、手袋の中にアウターの袖を突っ込んでおくと、進行方向からの風が入りにくくなりますので温かい空気が逃げませんよね。

また下半身はアウターの裾をしばれるものであったり、裾を突っ込めるようなブーツを選ぶというのも大切です。

首元にはネックウォーマーやマフラーを巻いておき、空気の入れ替えが発生しない工夫をするようにしてください。

またファスナーからは意外と風が入ってくるものなので、蓋の役目をするものがついたアウターを着るようにしましょう。

そこまで寒くない地方なら、これだけでも随分とマシになるでしょう。

更に靴下やブーツにカイロを仕込むことで、随分と快適に運転することが可能になります。

手元の冷えは良いグローブを使うことはもちろんですが、それでも冷たく感じるようならインナーグローブとの二枚重ねにするなどの方法があります。

ここまでの紹介でおおよそガードは出来ているものと思いますが、人体に存在する5つの首は多くの神経が通っており、ここが冷えることですぐに体温が下がっていってしまいます。

なので足首・手首・首元には特に注意をして熱を奪われないような対策が求められます。

ちなみに防寒グッズをすべてバイクショップで買い揃えようとするとなかなかの出費になってしまいます。

出費を抑えるために、同じように寒さをしのぐ必要がある釣具屋で購入する方も多いです。

バイク用品よりも安く、防寒・防風対策がなされています。

ただし転倒時の対策がありませんから、余裕があるのであればバイク用に作られたものを買い揃えてください。

これだけ防寒対策をしっかりしても、真冬にツーリングをすると冷えてきますから、実感として寒くなったと感じる前に適度に休憩をとって温まるようにしてください。

体が冷えてしまっているといつも出来ていることが出来なくなってしまうため、事故などのリスクがどうしても付きまとうものです。

早め早めの休憩で安全運転を心がけるようにしてくださいね。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション


バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイク買取販売店「バイクパッション」

バイク買取販売のバイクパッションです。日本全国のツーリングロードや景色のいい場所、最新のバイクニュースなど、バイク好きな方やこれからバイクの購入を検討されている方に役立つような情報を発信していきます。
東京都 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ