「安全な人喰岩」っていったい何...? 黒部峡谷で発見された世にも不思議な看板がこちら

2020年9月17日 06:00

2020年9月13日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

写真は、工事中を示す看板のようだ。「人喰岩をなおしています」と書かれている。

その下には、おそらく「人喰岩」を描いたイラストが2つあり、それぞれ施工前と施工後...つまり工事のビフォーアフターが表現されている。

施工前は冷や汗か涙か、大きな水滴を垂らしたちょっと情けない顔で、アゴの下あたりからポロポロと石をこぼしている。

一方施工後はキリッとした笑顔に、力強い2本の腕。石がこぼれていた部分にはピカピカのマークが。

なんともユニークだ。人喰岩には今、崩れそうな部分があり、それを直して「安全な人喰岩に生まれ変わります」ということらしい。

仔細に見ると、文章は日本語の他、英語、中国語、韓国語で併記されている。「人喰岩(ひとくいいわ)」は、英語では「man-eating rock」、中国語では「食人岩」。韓国語は、ハングルで「ジンクイ岩」と表現されているようだ。かなり国際的な看板である。

柿生さんのツイートには

「いや口そこじゃないだろ感」 「なんとも人を食った話だ」 「パワーワードみありすぎでしょ」

などの声が寄せられ、話題となっている。

「人喰岩」、いったいここはどこなのだろう?

Jタウンネット編集部は、投稿者の柿生(@shunoutei)さんと、看板の発注者である北陸地方整備局に詳しい話を聞くことにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ