渋谷駅の新駅舎が「肋骨」にしか見えない なぜこんなデザインに?東京メトロに聞いた

2020年1月 8日 08:00

年末年始にかけて移設工事を行っていた東京メトロ銀座線・渋谷駅。2020年1月3日、ついに新駅舎がオープンし、列車の運行が始まった。

ピカピカの駅舎内でひときわ注目を集めているのが、このM字型の屋根だ。

特徴的なM型の屋根(2020年1月撮影)
特徴的なM型の屋根(2020年1月撮影)

ホームを覆う、無数の白い柱。特徴的なデザインだが、さっそく駅舎を利用した人には「ある物」に見えたようだ。

「銀座線の渋谷駅が~~!!!肋骨みたい~~!!!」
「まるで人体の肋骨の内側にいるみたいで素敵だった」
「鯨の体内感が半端ねえ...」

そう、ツイッターでは「肋骨」のようだという声が多数あがっているのだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ