ワインを開けたら...コルクの裏に「謎の結晶」 いったい何事?ワイナリーに聞いた

2019年12月25日 20:00

ワインを開栓したら、コルクにきらきらした何かが付いていた。そんな経験をした人はいるだろうか。

コルクに付着した赤ワインの酒石(写真はwikipedia commonsより)
コルクに付着した赤ワインの酒石(写真はWikipedia Commonsより)

まるでルビーのように赤く光っているのは、「酒石」という結晶。「ワインのダイヤモンド」と呼ばれることもあるという。

こんなコルクを見つけたら、捨てずに取っておきたい、と思う人も少なくないだろう。ツイッターで検索してみると、酒石が付いたコルクに感動している人が散見される。

この結晶はどんな条件で形成されるのだろうか。Jタウンネット編集部は2019年12月24日、栃木県足利市でワインを醸造するココ・ファーム・ワイナリーを取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ