宮城のホヤキャンディーは本当にヤバいのか ホヤ好きとホヤ嫌いに食べさせてみた

2020年3月22日 11:00

赤くデコボコしたちょっとグロテスクな「ホヤ」。主に宮城県で生産され、「海のパイナップル」とも呼ばれている。

「ほや」がキャンディーに(写真はすべて編集部撮影)
「ほや」がキャンディーに(写真はすべて編集部撮影)

「食べたことがない」という人も多いのではないだろうか。その独特の味は地元民でも好みが分かれるという。

そんなホヤを飴にしてしまったチャレンジ商品「ほやをキャンディーにしました」が話題になっている。

販売するのは、東日本大震災で被災した企業をサポートする一般社団法人・カイタク(宮城県石巻市)。ツイッターには、

「飴って事は甘い?甘いホヤ?」
「ホヤを食べた事がないから、何味なのか検討もつきません」
「絶対ヤバい味やろうな~」

といった声が寄せられている。

筆者もホヤを食べたことがない者の1人。そもそも海産物系のキャンディーが初なので、どんな味がするのかすごく気になる。

さっそく購入し、試食してみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ