3芯あるのに赤しか書けない 島原鉄道「赤字ペン」の開き直りがすごいと話題に→なぜ制作?担当者に聞いた

2020年11月28日 08:00

ローカル鉄道の経営は厳しいとはよく聞くが、そうした状況を開き直って、赤字を売り物にした鉄道会社が現れた。長崎県の島原半島一体で鉄道、路線バス事業などを経営する島原鉄道である。

その代表取締役社長の永井和久さんが、2020年11月17日、次のようなツイートを投稿し、注目を集めている。

画像は、新商品のチラシのようだが、なんと「赤字ペン」という名称の商品らしい。一見、ふつうの3色ボールペンに見えるが、チラシのキャッチコピーは、

「赤字の鉄道会社だからこそ作れた珠玉の1本!!」

違うのはペンの太さだけ、3色すべてが赤色......らしい。あまりにも大胆不敵な商品企画に脱帽するしかないだろう。値段は550円(税込)、赤字覚悟だそうだ。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「赤字を逆手に取るとは面白い!ぜひ買わせていただきます」
「自虐がすぎる...っ! 自虐がすぎるよ島鉄さんよ...っ!」
「赤ペンて結構使うんですよねー」
「いや、印刷・出版関係で朱入れする人は、ガチで欲しいかもしれない」

赤字ペンを発売したのは、いったいなぜか? Jタウンネット記者は島原鉄道に電話取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ