千葉市美術館の中に「せんべろ居酒屋」があった なぜそんな場所に?市の担当者に聞いた

2020年11月 1日 11:00

美術館に併設されている飲食店といえば、多くの場合カフェだろう。

展示を楽しんだ後に、ミュージアムカフェでほっと一息つくのは至福の時間だ。

しかし、2020年7月1日にリニューアルオープンした千葉市美術館は一味違う。

同館の地下には現在、こんなお店がオープンしている。

写真は黒織部さんのツイートより、編集部で加工
写真は黒織部さんのツイートより、編集部で加工

刺身にビール、そして升がヒタヒタになるほどたっぷりと注がれた日本酒。そう、居酒屋である。

どこか居酒屋らしくないコンクリート打ちっぱなしの壁には、「甲子正宗」「木戸泉」「腰古井」...といった地元・千葉の酒の銘柄がずらり。

同館では千葉市や房総ゆかりの作品も収集しているため、千葉の風土で生まれた美術を鑑賞した後、地酒を堪能できるというわけだ。

20年10月11日、同館を訪れたツイッターユーザーの黒織部(@kurooribe)さんは、写真とともにこう呟いている。

「千葉市美術館、地下に居酒屋ができてさらによくなってしまった」

なぜ美術館に居酒屋ができたのか。Jタウンネット編集部は30日、同館を管理運営する千葉市文化振興課を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ