東京のスーパーに並ぶ気仙沼産「サメの心臓」が話題に 鮮度が命の珍食材、どうやって仕入れているの?

2020年9月 5日 11:00

「モウカの星」、という食べ物をご存じだろうか。知っている人は、相当の食通と言えるだろう

あるいは、宮城県、岩手県の人なら、ニッコリうなずくかもしれない。宮城県気仙沼市などで食べられている郷土食だが、仙台の居酒屋などで、これが出てくると、グッと盛り上がる、究極の珍味だ。

「星」となんともロマンチックな名前が付けられているが、実はネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメ「もうかざめ」の心臓のことである。

2020年9月2日、なんとこのモウカの星、サメの心臓が販売されていると、東京都台東区のJR御徒町駅前の鮮魚店・食品スーパー「吉池」の「非公式だけどほぼ公認」アカウントから投稿され、話題となっている。

写真は、サメの心臓だ。人によっては、「閲覧注意「かもしれない。解剖図か何かで見た記憶がある?そう、あの心臓そのまんまだ。サメの心臓も、人間の心臓に似ているのだろうか。

値札には、宮城県気仙沼産「さめ」と記されている。投稿には石巻産とあるが、気仙沼産が正しいようだ。「サメの心臓 入荷です」というコメントが添えられたツイートには、2万5000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(9月3日夕現在)。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「モウカの星は足が速いので 東京で店頭に並ぶのは凄いですね」
「仙台のスーパーでもたまに見かけることはあるのですが、東京でも手に入るとは思いませんでした。コリっとしていて、ウマいんですよね」
「鮫の心臓をたべたい」

また、「え?サメの心臓って食べれるの?!」「初めて見た!」「どうやって料理するんだこんなもん」など驚くユーザーも多い。

Jタウンネット編集部は、9月3日、ツイートを投稿した「吉池」(@yoshiike_group)の中の人、同店従業員の「吉池ばぁば」に詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ