仙台から小田原は遠すぎない...? 関東人には違和感しかない案内標識が発見される

2020年9月 5日 08:00

JR仙台駅付近で発見された道路の「案内標識」がツイッターで話題になっている。

その標識がこちら。

(画像はあっくんd150@d_150_virgoさん提供)
(画像はあっくんd150@d_150_virgoさん提供)

左に行くと仙台駅、右に行くと総合運動場、直進すると...「小田原」となっている。

筆者が「小田原」と聞いて思い浮かぶのは、神奈川県小田原市。きっと関東人の多くが同市を想像するだろう。しかしここは東北・宮城県、神奈川県は遠すぎる。いったいどういうことなのか。

この標識はツイッターユーザーのあっくんd150(@d_150_virgo)さんが2020年8月24日に投稿。「仙台駅前で見た違和感しかない標識ww」とコメントを付けてこの写真を投稿したところ、注目を集めている。

Jタウンネットが念のため確認したところ、あっくんd150さんが違和感を覚えたポイントはやはり「小田原」。あっくんd150さんはかつて神奈川に長く住んでいたという。神奈川県小田原市を想像するのも無理はないだろう。

あっくんd150さんの投稿に対し、他のユーザーからも、

「神奈川の地名が何故仙台にww」
「小田原までは、何キロあるのだろうか」
「遠 す ぎ」
「仙台から小田原まで、誰が一般道だけで行くんですかwwwwwwwww」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ