5Gで伝わるカープ選手の息づかい 広島から始まる新しいスポーツ観戦の形

2020年4月17日 12:00
提供元:広島県
town20200416121521.jpg

通信大手3社が5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス提供を開始した。

5Gでは、既存の4Gよりもさらに速く、大きなデータの送受信が可能になるだけでなく、送信と受信のタイムラグも縮小される「低遅延」、同時に多くの端末と接続できる「多数接続」などの特徴を持つ。

2020年3月15日、そんな5Gを活用したライブビューイングを行う実証実験が広島で行われた。

同日マツダスタジアム(広島市)で行われたプロ野球オープン戦、広島東洋カープと福岡ソフトバンクホークスの試合を、5G通信だからこそできる形で中継するというものだ。

ライブビューイングは、広島県の実証実験プロジェクト「ひろしまサンドボックス」の一環で行われた。18年5月にスタートしたひろしまサンドボックスは、県内外の企業や人材が協力して、最新のAI・IoT技術を使って地域課題の解決などを目指す取り組みのことだ。

県によると、今回の実証実験でも、さまざまな企業の協働が必要不可欠だったという。

5Gの技術を持つ通信事業者だけではなく、普段から試合風景を撮影している地元放送局、優れた音響技術を持つメーカーなどが、それぞれの得意分野で活躍することで、今回のライブビューイングが実現したというのだ。

広島で生まれた新しいスポーツ観戦の形とは、いったいどんなものなのか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ