東村山駅前に立つ「志村けんの木」の歴史 誕生のきっかけは?市に聞いた

2020年3月30日 18:07

みなさんは西武鉄道・東村山駅(東京都東村山市)の東口ロータリーにある「志村けんの木」をご存知だろうか。2020年3月29日に70歳で死去した、タレントの志村けんさんの功績を称えて植えられた木だ。

志村けんさん(2016年撮影)
志村けんさん(2016年撮影)

志村さん亡き今、木のそばには献花台が設置され多くの人が花を手向けている。東村山市の渡部尚市長も30日、自身のツイッターで、

「東村山15万市民の皆さんと共にご回復を祈っていましたが、願いが叶わず残念でなりません。心より哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りいたします」
「聖火リレーのランナーをお願いしていただけに残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします」

と投稿。志村さんの死を悼んだ。

しかし、「志村けんの木」はどういう経緯で生まれたのか。Jタウンネットは東村山市の秘書広報課に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ