鳥取県がモチーフの「トットリング」爆誕 指輪職人にこだわりを聞いた

2020年2月20日 06:00

12世紀末から14世紀半ばまで幕府が置かれ、寺社仏閣が多く現存する「鎌倉」。近代に入ってからは、鎌倉文士と呼ばれる作家、美術家など文化人が住んだことでも知られる。やはりどこか違う、歴史と文化の香り漂う街......、それが鎌倉だ。

その鎌倉から、2020年2月17日、次のようなツイートが発信され、話題となっている。

左手の人差し指に輝くリングは、「鳥取県」をかたどっている。オーダーリングのお店で作ってもらったものらしい。なんと斬新なデザインだろう。このツイートには14万を超える「いいね」が付けられ(2月19日現在)、現在も拡散され続けている。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「トットリングとても素敵ですね」
「これは流行る!故郷のリング」
「中指側に住んでる鳥取県民です! なんだかとっても嬉しいー」
「おお、とっとリング...あおもリングもほしい!」

Jタウンネット編集部は、投稿者の波子(@Katanamiko47)さんと、オーダーリングの店「mint」(鎌倉市)の職人に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ