観光地の混雑ストレスを「AI」が解消!? 宮島の最新プロジェクトが目指す「観光革命」の全貌

2019年8月13日 12:14
提供元:広島県
town20190813112822.jpg

突然ですが――。観光地でケンカをしてしまった経験、ありませんか?

恥ずかしながら、筆者は何度かある。休日に有名観光地を訪れると、ほぼ必ず遭遇するのが人混みや行列だ。移動や見物などで疲れていることも相まって、いつもよりも混雑にイライラが募ってしまう。

こうした「混雑ストレス」が原因となって、同行者と口ゲンカになってしまうことも。せっかくの楽しい旅行が、これでは台無しだ。とはいえ、こういったプチトラブルは、多くの人が経験する「旅行あるある」と言っていいだろう。

だが近い将来、観光地でイライラすることは、今よりずっと少なくなるかもしれない。実はいま、日本三景の1つとして知られる広島・宮島で、とあるプロジェクトが進行中なのだ。

それは、NTT西日本の広島支店を中心としたコンソーシアムが、県の実証実験プロジェクト「ひろしまサンドボックス」の中で進めている取り組み。観光客の移動傾向、滞在時間などのデータを蓄積することで、

「AI・IoT技術を活用したストレスフリー観光」

を実現することを目的としている。

まだ走り出したばかりのプロジェクトだが、2019年4月にはLINE公式アカウント「宮島観光」をリリース。島内の観光スポットやトイレなどの混雑具合をリアルタイムで発信している。今後、混雑予測や観光ルートの提案など、サービスをどんどん充実させていく予定だという。

最新テクノロジーによる「ストレスフリー観光」とは、いったいどんなものなのか。詳しく知りたくなったJタウンネット編集部は、さっそく広島へ向かった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ