さすが新海監督... かつて新宿の壁に描いたイラストが、「天気の子」で完全再現されていた女性の話

2019年8月 1日 17:09

新海誠監督の最新作「天気の子」。東京・新宿エリアを主な舞台にしていることもあり、早くも聖地巡礼に繰り出すファンもいるようだ。

新宿大ガード付近も作中に描かれた場所の一つ。ツイッターでは、大ガード下の壁面に絵を描いたというユーザー・なべじる ちさとさん(@Girunabe)が、思いもよらぬ形で映画デビューしたと報告、多くの反響が寄せられている。

「びっくりしたのですが、左のうさぎとか猫の絵私の絵なのです......!!!」

画像は東宝MOVIEチャンネルより(左)、編集部撮影(右)
画像は東宝MOVIEチャンネルより(左)、編集部撮影(右)

東宝MOVIEチャンネルがYouTubeで公開している予告映像「映画『天気の子』スペシャル予報」を確認すると、大ガードには虹やウサギが描かれている。この絵を現実のガード下に描いたのが、なべじるさんだというのだ。

自分の描いた絵が新海誠作品に登場するとは、さぞかし驚いたことだろう。Jタウンネットは2019年7月31日、なべじるさんに詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ