都道府県ごとの駅数で見た「鉄道会社の覇権地図」がこちら

2020年5月18日 06:00

私たちの生活に欠かせない電車。都心となれば、JR、東京メトロ、都営地下鉄など異なる会社の路線を乗り継いで通勤・通学をする人も少なくない。

しかしここで一つ疑問が湧く。それぞれの都道府県では、どの鉄道会社の駅が最も多いのだろうか。

全国的に最も駅数が多いのはJRグループだが、地域別ではどうだろうか。JRに比べて地下鉄は比較的駅間の距離が短く、駅数が多い印象もある。地域によっては私鉄の駅数だって負けていないのではないか――

そんな疑問を解決してくれるのが、ツイッターユーザーのパスケース(@Pass_Case)さんが作成した、こちらの塗分けマップだ。

「最も駅数が多い会社」をマップ化(画像はパスケース@Pass_Caseさん提供)
「最も駅数が多い会社」をマップ化(画像はパスケース@Pass_Caseさん提供)

それぞれの地域で、駅の数が最も多い鉄道会社が、一目で分かるようになっている。東北、中国地方はJR一色で、その影響力の強さが伺える。東京、大阪の最多はそれぞれ地下鉄となっており、さすが交通網の発達した都会といったところだろうか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ