インターネットに接続できる公衆電話が現存していた まだ利用者はいる?NTTに聞いた

2019年9月27日 18:09

携帯電話が普及し、今では使用することも少なくなった公衆電話。緑色の機種をよく見かけるイメージだが、中には「グレー」のものもある。

このグレーの公衆電話、緑色と同じく電話を掛けることができるが、もう一つ特別な機能が付いていることをご存じだろうか。

緑色との違い、知ってた?(画像はマニ山@maniaxchさん提供)
緑色との違い、知ってた?(画像はマニ山@maniaxchさん提供)

それはアナログ端末・デジタル端末をつなぐことで、データ通信が可能ということだ。例えば、パソコンをつなげばインターネットを使うことができる。

ツイッターユーザーのマニ山(@maniaxch)さんは、このグレーの公衆電話を撮影、「JR京都駅の2・3番ホームに化石的な物件がある」と投稿した。ほかのユーザーからは、

「なんか......10年ぶりくらいに見た感じです」
「結構使ってんのに知らんかったな」
「あ、うちコレに挿せる機材あります。複数」

といった声が寄せられ、今ではあまり使用されていないことが伺える。

現在も各所に設置されているようだが、フリーWi-Fiも充実しているこのご時世に、この機能を使う人はいるのだろうか。

Jタウンネットは2019年9月27日、NTT西日本の広報担当者に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ