「でも幸せならOKです」の人に、会いに行ってきた

2017年5月22日 17:00

眞子さまのご婚約報道に関連して、渋谷駅前で街頭インタビューに応じた、とある男性が話題になっている。受験期に眞子さまの写真を、携帯電話の待ち受け画面にしていたという男性は、「マジでショックです」と嘆きつつも、

「まあ、でも幸せなら......OKです!」

と、笑顔で左手の親指を立てた。2017年5月16日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で流された、この街頭インタビューが、いまツイッターで拡散され、男性は「ファンのかがみ」として称賛をあびている。

この人にぜひ会ってみたい。そう思ったJタウンネット編集部が調査したところ、本人らしき人物のツイッターを発見した。ダイレクトメッセージを送ると、「はい、私です」との返答が。取材を承諾してもらい、その人物、大学2年生の野村さん(20)に5月20日、渋谷で詳細を聞いてきた。

文転しようか悩んでいた高校2年、「待ち受け」が支えになった

――インタビュー時の詳しい状況を教えてください。

「サークルの飲み会が終わって歩いていたら、街頭インタビューをやっていて、『行くしかない』と。お酒は入っていましたが、話した内容は覚えています。『幸せなら』『OKです』の間に余白がありましたけど、あの時はただ言葉が出てこなくて、迷っていたんだと思います」
あのポーズをしてもらった

――いっしょに写っていた女性は?

「サークルの後輩です。ツイッターでは『女と居るじゃないか!』とか言われていますが......まあ無関係ですね(笑)」

――「受験期」に眞子さまを待ち受け画面にしていたとのことですが。

「高校2年の時、妹の佳子さまがICU(国際基督教大学)に入学されて。ネットで調べていたら、空港で撮られた眞子さまの『ベストショット』を見つけて......これだ! と。それから(眞子さまもご卒業された)ICUを志望校にしました」

――ICU受験のモチベーションになっていたんですね。

「理系から文転しようか、ちょうどゆらいでた時期だったので、『がんばろう』との気持ちで、壁紙にしていました。ただ英語がネックになって、最終的にICU受験は断念しました」

――周囲からは、どのような反応がありましたか?

「小学生時代の友達から、連絡が来たのが一番おどろきました。ぼくは中学・高校と私立へ行ってしまったので、心の距離が空いていたのですが、ツイッターでメッセージが届きました。それは良かったですね。あとは、顔見知り程度の学生が『目の前で座ってる』とか、インスタグラムに上げてて。『あらまぁ~、こんなことされる人間だったっけ』と」

――ツイッターでは「良い人そう」という声もあります。

「それは間違っています(笑) あの時ぼくが、お酒を飲んでいて、後輩との時間も楽しかったので、そう見えただけですよ。あとネットでは『ファンのかがみ』なんて言われてますが、ぜんぜんかがみじゃないです、ホントに。不真面目ないわゆる『大学生のかがみ』です」

――えっ、そうなんですか?

「良いヤツだと言われちゃったので、『良いヤツでないといけない』と規制はかかってますが、それのおかげで『よっしゃ、勉強がんばろう』とはなりましたね」
気さくに説明してもらった
気さくに説明してもらった

――インターネット上で、早くも「素材」として使われています。

「『野獣先輩』とのコラージュは、うれしい反面、複雑な気持ちですね。ただパロディー画像は、別にいいかなと。一番うれしかったのは、ラテアートで描いてもらったことです。母親にその写真を見せたら、『元気しているようで良かった』と言われて、ちょっと親孝行できたのかなと」

――早くも「流行語大賞候補では」との声もあります。

「いつも流行ったものは、そう言われるので、そんなことないだろうなと。僕の言っていることなんて、誰にでも言える言葉です。5月は『五月病』とか、ナイーブな時期じゃないですか。そんな季節だから、『幸せならOK』というフレーズが、話題になったんだと思います」

――ここ数日で、一躍「時の人」になりました。

「人生わかんないですね。あの日、サークルの飲み会へ行って、あの時間に終わって、そこにカメラマンがいて。お酒が入っていないと、インタビューを受けに行かなかったでしょうし、それが全国ネットで流れて......。親に『宝くじ当たったら、こういう感じなのかな』って言ったら、『バカ、宝くじは狙うもんでしょ。これは狙ってないから全然違うよ』と言われました」

――最後に、あのポーズで、お写真を撮らせてください。

「難しいんですよね、アレ。恥ずかしがり屋な部分もあるので。(キャプチャ画面を見ながら)アゴ引いて......んー、わかんない。(カメラをのぞき込んで)あー、っぽいけど、笑顔が足りないですね。『やりたい!』と思ったことはすぐやるんですけど、『やって!』と言われるのは苦手ですね」

――本日は、お時間を作っていただき、本当にありがとうございました。

試行錯誤する

これが一番似ている?
これが一番似ている?

東京都 最新記事
2019/2/21

突然だが、読者の皆様は「田舎暮らし」と「都会暮らし」、どちらを志向しているだろうか。 昨今、「スローライフ」を求めて、田舎へ移住したという人の話はよく耳に...

2019/2/21

75歳のおじいちゃんが運営している「企業ツイッター」が話題だ。 東京・北区にある「中村印刷所」のアカウントは、1943年生まれ、75歳の中村輝雄社長がツイ...

2019/2/20

雪のアクセサリーをつけたスズメがとても愛らしい――こんなツイートが2019年2月11日に投稿され、話題になっている。pic.twitter.com/zHm...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
errno:2, errstr:mysqli::mysqli(): (HY000/2002): Connection refused, errfile:/opt/town/www/include/jtown_data.php, errline:470
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ