ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

ヒルストーン・ネットワークス、ガートナーのネットワーク検知と対応に関するマーケットガイドで代表的ベンダーに認定

2024.04.12 09:42

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404129352-O1-3I1w8fW1

カリフォルニア州サンタクララ, 2024年4月12日 /PRNewswire/ -- サイバーセキュリティ ソリューションの大手プロバイダーであるヒルストーン・ネットワークは、ガートナーのネットワーク検知と対応(NDR)に関するマーケット ガイドで再び代表的ベンダーとして認められました。NDRは、セキュリティ運用センター(SOC)ツールの一般的な補足ツールとして機能し、ランサムウェアや内部脅威などの侵害後のアクティビティを検出して封じ込める上で重要な役割を果たし、ルールと署名に依存するテクノロジーを補完します。

特定のテクノロジー セグメントに関するガートナーのマーケット ガイドでは、NDRについての市場定義が提供され、顧客が既存のソリューションで短期的に何を実現できるかが説明されています。ガートナーによると、「NDRは、物理センサーまたは仮想センサーを介して、オンプレミスおよびクラウド ネットワークと互換性のあるフォーム ファクターを提供し、生のネットワーク パケット トラフィックまたはトラフィック フローを分析し、通常のネットワーク トラフィックをモデル化し、通常の範囲外の異常なトラフィック アクティビティを浮き彫りにし、個々のアラートを構造化されたインシデントに集約しつつ脅威の調査を促進し、悪意のあるネットワーク トラフィックの検出について対応する自動または手動の応答機能を提供する必要があります。」

「CISOとそのセキュリティ チームは、標的型攻撃の複雑さが増すことで、既知の脆弱性の追跡とパッチ適用が困難になり、無秩序に広がるネットワーク内での横方向の移動を検出できないという問題に直面しています」と、ヒルストーン・ネットワークスのCTO兼共同創設者であるティム・リューは述べています。「当社がガートナーのマーケットガイドに選ばれたのは、当社がネットワーク侵害検知システムとクラス最高のインテリジェント セキュリティ運用プラットフォームを組み合わせたソリューションの採用による強力な機能を実現しており、進化するサイバーセキュリティのニーズに真正面から対応できることによると考えています。」

NDR分野におけるガートナーのマーケットガイドに基づき、いくつかの重要な調査結果がまとめられています。

 * NDRは通常、スタンドアロンではなく、他のSOCツールと並行して導入されます。
 * 「AI拡張分析オーバーレイ」は、ソースデータからの集約されたビューを提供し、SOC管理者に有用な分析情報を提供します。
 * 顧客は通常、ユースケースに応じて、より堅牢なソリューションを実現するために、より大規模なベンダー ソリューションを「新興のローカル プレーヤー」と並行して導入します。

検知から可視化、フォレンジック、軽減まで、ヒルストーンのNDRソリューション スイートは、究極の保護を実現する広範なセキュリティ機能を統合しています。

 * 企業全体をカバーする包括的なトラフィック可視化
 * 高度な可視化機能を備えた豊富な脅威・異常検出機能により、セキュリティ運用チームに状況の認識を提供します。
 * SOAR、SIEM、サードパーティ システムへの統合が可能で、導入を容易にするために最小限の構成を提供します。

ヒルストーンのNDRソリューションは、データ センターやキャンパス ネットワーク内の南北および東西のトラフィックを可視化するHillstone Breach Detection System保護ソリューションと、セキュリティ運用、脅威の検出と対応のためのビッグ データ分析プラットフォームであるXDRソリューションのiSourceで構成されています。この組み合わせにより、サイバー キルチェーンとMITRE ATT&CKフレームワークのさまざまな要素にわたる攻撃をマッピングし、既知および新たな脅威を可視化できる高度なAI/MLを備えた高性能NDRソリューションが実現します。

ヒルストーンのNDRについては、こちらをご覧ください。

ガートナー、ネットワーク検知と対応のマーケットガイド、2024年3月29日

ガートナーは、その調査出版物に記載するいかなるベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、またテクノロジーのユーザーに、最高の格付けまたはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査機関の意見で構成されており、事実の表明として解釈されるべきではありません。ガートナーは本調査に関して、商品のいかなる保証または特定の目的に対する適合性など、明示または黙示を問わず、一切の保証を行わないものとします。
GARTNER(ガートナー)は、米国およびその他の国におけるガートナー、またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得た上で使用しています。無断転載を禁じます。

ヒルストーン・ネットワークスについて

ヒルストーン・ネットワークスの統合サイバーセキュリティ アプローチは、先見性があり、AIを活用したアクセス可能なプラットフォームをベースとし、世界中の2万8000社を超える企業を保護するためのカバレッジ、コントロール、統合を提供しています。ヒルストーンは、ワークロードの所在に関係なく、エッジからクラウドまで重要な資産とインフラを保護する、サイバーセキュリティの信頼できるリーダーです。詳細は、www.hillstonenet.comをご覧ください。

メディア問い合わせ先
Valeria Duran(ヴァレリア・デュラン)
+1 4085086750
inquiry@hillstonenet.com

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/765968/4639401/Hillstone_Logo.jpg?p=medium600

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404129352-O2-6cUAgCBb

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com

共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP