ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

ファーウェイ、電力インテリジェンスを加速するインテリジェント配電ソリューション(IDS)を発表

2024.02.29 16:05

【バルセロナ(スペイン)2024年2月29日PR Newswire=共同通信JBN】Mobile World Congress 2024では、電力顧客と国際機関のリーダーが集まり、最新の実践とイノベーションについて議論しました。ファーウェイ(Huawei、華為技術)は「Leading Infrastructure to Accelerate Electric Power Intelligence(最先端のインフラストラクチャーで電力インテリジェンスを加速する)」をテーマとしたサミット中に、インテリジェント配電ソリューション(Intelligent Distribution Solution、IDS)を発表しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297286-O1-JqLAg3AR

ファーウェイのバイスプレジデントで、ファーウェイ電力デジタル化事業部門の最高経営責任者(CEO)であるDavid Sun氏が基調講演を行い、IDSを発表しました。ファーウェイはエコシステムパートナーと協力して、高い回線損失、低い信頼性、新エネルギー負荷管理への大きな圧力に対処するソリューションを開発しました。これにより、電力会社は「クラウド・パイプ・エッジ・パイプ・デバイス」アーキテクチャーに基づくさまざまな主要テクノロジーを利用して、シングルポイントのデジタル化から、アーキテクチャーにサポートされた、オープンで進化可能な体系的なデジタル化に移行することができます。ファーウェイは、クラウド側のデジタル基盤としてオンプレミスのプライベートクラウドを利用することを提案しています。バックホールネットワークには有線ソリューションと無線ソリューションの両方が利用可能です。エッジ側では、エッジコンピューティングユニット(ECU)と呼ばれるオールインワン端末が無駄のない管理キャリアとして機能し、通信、認識、コンピューティング機能を融合します。低圧通信パイプ側の次世代高速電力線搬送通信(HPLC)により、分単位のデータ取得、大規模な双方向接続、99%の取得成功率をサポートします。

IDSは、中国国内での導入に成功しています。これにより、配電ネットワークの監視、10kV線路状態のリアルタイム検出、低圧分散型新エネルギーのインテリジェント管理が可能になります。このソリューションは、HPLCなどの新技術を組み合わせたものです。これにより、変電所地区における透明性の高い感知とサービスのデジタル化が強化されます。IDSは、中国以外の複数の国でも良好な初期検査結果を達成しました。

サミットでは、PT. PLN Icon Plusコネクティビティ事業部門のディレクターであるSigit Witjakson氏が、単一ファイバーでの複数サービスとデジタル配電におけるファーウェイとの協力と革新的な実践について共有しました。Integrated Dawiyatの最高商務責任者(CCO)代理であるMahmoud BinAhmed氏は、電力会社の資産を収益化する方法について語りました。Senelecの伝送ネットワーク部門のディレクター、Mam Singui Sarr氏は、Senelec Smart Grid ONE Networkコンセプトを発表しました。これは、送電、変電、配電における課題と主要な指標に基づくものでした。

今後も、ファーウェイはデジタル変革の方法論を厳選し、顧客やパートナーと共有し、世界の電力会社のデジタル基盤強化を支援し、インテリジェント開発を加速し、世界市場に魅力的な選択肢を提供していきます。

インテリジェント配電ソリューション(IDS)に関する詳細は、以下をご覧ください:

https://e.huawei.com/en/topic/electric-power/intelligent-distribution-solution 

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297286-O2-t632BQ95

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com

共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP