名古屋駅の床で「ウニの化石」大量発見 なぜこんなところに?専門家に聞いた

2019年12月10日 06:00

普段何気なく歩いている建物の床に「化石」が埋まっている――。ちょっと信じがたい話だが、これが実際よくあることらしい。

ツイッターでは、名古屋市科学館の学芸員・西本昌司さんのこんな投稿が話題になっている。

「名古屋駅新幹線南待合室入口の床に、ウニの化石が4つあることを確認!ふだん人通りが多くてじっくり観察できないところをチェックできた」

新幹線の待合室で「ウニの化石」発見!(画像は西本昌司さんのツイートより)
新幹線の待合室で「ウニの化石」発見!(画像は西本昌司さんのツイートより)

西本さんが指しているのは白く縁どられた楕円型の模様。他のユーザーになぜこれがウニだと分かるかと問われると、「ウニを縦に割ってみると分かる(このような形になる)」と回答している。この待合室の中には、同じようなウニの化石がいくつか見られたという。

新幹線の待合室の床などまじまじと見ない上に、見つけたところでこれがウニだと分かる人は多くないだろう。ツイッターではこの投稿に対し、

「これを見てウニの化石ってのが分かるのスゴすぎる」
「化石ってそんな簡単に見つかる物なんですか?」
「え?タイルとかの模様ってそういう可能性があるんですか?」

といった驚きの声が寄せられている。なかにはこのツイートを見て、待合室を使った際に探してみたという人もいるくらいだ。

ウニの化石が発見されたことから、どんなことが分かるのか。Jタウンネットは2019年12月5日、西本さんに見解を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ