20歳未満は絶対に食べてはいけない「綿菓子」があった

2019年8月19日 06:00
清酒味のカップ綿菓子(「pamba.pipi」公式フェイスブックページより)
清酒あじのカップ綿菓子(「pamba.pipi」公式フェイスブックページより)

まず上の写真をご覧いただこう。おしゃれなカップ容器に入っているが、実は綿菓子だ。

真っ白い、プレーンな綿菓子か......と思うだろうが、一口食べると、プーンと清酒の香りがするのだ。香りだけではない。わずかだが、アルコール度数もある。清酒をフリーズドライしたパウダーをふりかけた綿菓子である。

お酒を使った大人向け綿菓子で知られる、奈良市にある綿菓子専門店「pamba.pipi(パンバピピ)」の人気商品の一つだ。

「pamba.pipi」はいま、モヒート、カシスオレンジ、カルーアミルク、赤ワインのほか、イチゴとヨーグルトと清酒で作った「大和撫子」というオリジナルカクテルなど、「カクテル綿菓子」を発売して、話題となっている。

そもそもなぜ、お酒の綿菓子を作ろうと思ったのか? Jタウンネット編集部は奈良に電話して、店主の話を聞いてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ