決して鳴らない「石の鐘」、77年吊るす寺 戦中の「代替梵鐘」に込めた住職の思い

2019年2月24日 17:00

「石の鐘」を吊るし続けているお寺がある。長野県にある称名寺(信濃町)だ。


「金属回収令」により金属類が根こそぎ回収された戦時中。お寺の梵鐘(ぼんしょう)も例外ではなく、各地で供出されたという。その代わりに、石などの重量物を「代替梵鐘(ぼんしょう)」として吊るした例は各地であった。

称名寺にある「石の鐘」も、その1つだ。だが一般に、こうした代替梵鐘は、戦争の終わりと共に降ろされ、いわゆる「戦争遺産」として保存されることが多いらしい。

ではなぜ、ここ称名寺は戦後74年にあたる今なお、石を吊るし続けているのか。Jタウンネットが、その理由を探った。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ