「子猫を飼っては、飽きると放置する鼻つまみ一家。猫たちは玄関前で入れてほしいと鳴き続け...」(岩手県・40代女性)

2016年4月 4日 11:00

年を取ると放り出して、エサもやらない

私の実家の、南向かいの家の話です。ここの夫婦は30年以上、猫を飼っては捨て、飼っては捨てということを繰り返し、近所の鼻つまみ者になっています。

というのも、彼らが好きなのは「猫」ではなく「子猫」。いつも拾ったり買ったりして、幼い猫を飼い始め、しばらく文字通り「猫かわいがり」するのですが、大きくなって(彼らの基準では)かわいくなくなったら、そのままポイ。二度と家に入れることもなく、エサなどはもちろんやりません。

画像はイメージです(Jimmy Bさん撮影、Flickrより)
stray cats 2

突然捨てられた猫にしてみれば、何があったのかわかりません。しばらくの間、家の前で入れてくれるよう、何度も鳴いて懇願します。しかし、ドアが開かれないことを理解すると、寂しくその場を去っていきます。その姿が、子ども心にかわいそうでたまりませんでした。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ