パチンコ店からタバコの煙が消える日 迫る「禁煙化」で何が変わるのか、大手ホール2社に聞いた

2019年11月15日 12:30

当たりを引いた時にタバコで一服。なかなか当たらずイライラしながら「フーッ」。パチンコやスロットで遊びながらタバコを吸う。それは喫煙者にとって至福のひと時...。

しかし、そんな光景は間もなく見られなくなる。

2020年4月1日の改正健康増進法の施行にあわせて、パチンコ・パチスロ店のホールが「原則禁煙」になるためだ。

パチンコ店から煙が消える(画像はイメージ)。
パチンコ店から煙が消える(画像はイメージ)。

日本遊技関連事業協会(日遊協)が2018年に実施したアンケート調査によると、ホール内の喫煙者は加熱式を合わせて54.7%。一般的な喫煙率が男性27.8%、女性8.7%(同年JT調べ)なので、それに比べて極めて高いのだ。

それゆえ、パチンコ店は「分煙対策」に力を入れなくてはいけない。まさか、喫煙者をすべて切り捨てるわけにはいかないだろうし...。

そこでJタウンネットは、マルハン、ダイナムの大手パチンコホールに、原則禁煙化への受け止めや、今後の対応を聞いてみることにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ