ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
わたしの「ヒーロー」
プレゼント

「奈良大和路のみほとけー令和古寺巡礼ー」招待券を10組20名様にプレゼント!

渋谷駅に超巨大な「一万円札」が出現→その正体は「掃除機の広告」、なぜこんなデザインに?

藤本 仁

藤本 仁

2023.11.02 17:47
0

超巨大な1万円札が、渋谷駅に出現――。

そんな思わず目を引かれてしまう光景を、ご覧いただきたい。

目に飛び込んでくる巨大な「お札」(画像はプラマイゼロのリリースより)
目に飛び込んでくる巨大な「お札」(画像はプラマイゼロのリリースより)

駅の構内で絶大なインパクトを放っている巨大一万円札。だが、実はこれ、ただ巨大なだけではない。

右手を上げながら笑顔を浮かべた福沢諭吉は、こう話しているのだ。

「はじめまして、諭吉の掃除機と申します」

どうやら、隣にある「掃除機」を紹介しているようだ。なんともシュールである。

こちらは、プラマイゼロ(本社:東京都中央区)の家電ブランド「±0(プラスマイナスゼロ) 」が販売する掃除機「コードレスクリーナー H111」 の広告。

ところで、諭吉の掃除機って、いったいどういう意味なのだろう?

1万円の諭吉広告、掲載の理由は

同社のリリースによると、 この「コードレスクリーナー H111」 は9900円(税込)という1万円札を払ってお釣りが出る手ごろな価格が最大の魅力。

そんな製品のコスパの良さを伝えるべく、そして22年に製造が終了した福沢諭吉デザインの1万円札への名残惜しさを込め、"#諭吉の掃除機"として1万円札の福沢諭吉が自己紹介するという広告を掲載したという。

「見慣れた1万円札とは少し違ったユーモアのあるデザインにすることで、より多くの人の目に触れコードレスクリーナー H111が更に広く皆様の元へ届くようにという想いが込められています」(「プラマイゼロ」プレスリリースより)
ほほえみながら商品を紹介する福沢諭吉(画像はプラマイゼロのリリースより)
ほほえみながら商品を紹介する福沢諭吉(画像はプラマイゼロのリリースより)

同商品は「±0(プラスマイナスゼロ)」が今年で20周年という節目を迎えたことを記念し、感謝の想いをこめ、23年9月中旬頃から9900円という期間限定の記念価格で販売しているとのこと。

「9,900円というお手頃な価格で購入できることが最大の魅力」(プラマイゼロのリリースより)
「9,900円というお手頃な価格で購入できることが最大の魅力」(プラマイゼロのリリースより)

掲出場所は東横線渋谷スーパーボード(東横線 渋谷駅 地下4階)。期間は23年10月30日~11月5日まで。

PAGETOP