ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

津田沼駅に謎ポスター「新幹線で行くチンチラとの旅」 可愛いけど...どういうこと?JR東日本に聞く

大山 雄也

大山 雄也

2022.06.24 08:00

千葉県にあるJR津田沼駅。ここに掲出されている新幹線広告のポスターがツイッター上で話題を集めている。それがこちらだ。

チンチラが登場する「新幹線イヤー2022」ポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)
チンチラが登場する「新幹線イヤー2022」ポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)

「新幹線イヤー2022」とは書かれているものの、どこにも新幹線の姿はない。映っているのはつぶらな目をした1匹の小動物だけだ。

そして、その傍に添えられているのはこんな言葉たち。

「私の切符も買って~」
「新幹線で行くチンチラの旅」
「ねずみじゃないわよ!」

――うん、かわいい。かわいいんだけど......新幹線の広告だったよね? 正直意味がわからない。

なぜ急にチンチラが出てきたのか。Jタウンネット記者は2022年6月17日、JR東日本千葉支社に話を聞いてみることにした。

謎のチンチラ広告の正体は......

同社総務部の担当者から返ってきた回答は、こうだ。

「写真のチンチラは社員のペットです。津田沼駅では、いつも社員のペットを使ったポスターを作っているんです」

チンチラは、津田沼駅で働く社員のペットだった。

同駅では今回話題になったチンチラだけでなく、犬や猫のかわいい姿を使ったポスターが多く作られているという。

これまでどんなポスターが作られてきたのか尋ねると、16枚の画像が送られてきた。

猫が登場する「新幹線イヤー2022」のポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)
猫が登場する「新幹線イヤー2022」のポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)

こちらもチンチラと同じく、22年1月7日~12月31日に実施されているキャンペーン「新幹線イヤー2022」をアピールするポスター。

ポスターの縁の模様は、それぞれ22年に20~40周年を迎える秋田新幹線・東北新幹線・山形新幹線・北陸新幹線・上越新幹線・東北新幹線のカラーをモチーフにしたものだが、その真ん中には片手で持ち上げられているちいさなニャンコ。スマホで指定席予約できることを伝えている。

カニポスターでお馴染みのキャンペーンも...

また、JR東日本の電車を使う皆さんは、冬の駅構内でカニが大きくプリントされたポスターを見たことがあるだろう。北陸新幹線での北陸旅行をアピールする「かにを食べに北陸へ。」キャンペーンのものだ。

しかし津田沼駅にかかれば、それもこうなる。

津田沼駅の「かにを食べに北陸へ。」のポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)
津田沼駅の「かにを食べに北陸へ。」のポスター(画像提供・JR東日本千葉支社)

「北陸新幹線の夢を見るワンコ」だ。

ペットたちのかわいさだけで勝負するなんとも変わったポスターたち――しかし、実はこの方が人の目を引いて広告効果があるのかもしれない。

津田沼駅は他にどんなポスターを作ったのか。気になった読者は、こちらからどうぞ。

個性あふれる「駅ポスター」見ませんでしたか?

Jタウンネットでは全国の「ユニークな駅ポスター」を探しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)で、ユニークなポスターの情報を見つけた時期・駅名と共に教えてください。どんなポスターかわかる写真も頂けると助かります。

――読者のみなさま、ご協力をお願いいたします!

PAGETOP