ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「旅行の途中、フェリー内でカップ麺を購入した私。それを見た知らないおじさんが『若いもんが...』」(愛知県・50代男性)

福田 週人

福田 週人

2022.06.13 11:00

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Cさん(愛知県・50代男性)

行く先々でバイトをして路銀を稼ぎ、食費は切り詰める。そんな貧乏旅の途中、ある一人の男性と出会ったという。

貧乏旅の途中で出会ったのは...(画像はイメージ)
貧乏旅の途中で出会ったのは...(画像はイメージ)

<Cさんの体験談>

もう40年近く前になります、当時、何を考えたのか、私は日本中を旅して周っていました。

もちろん、若かった私はお金などほとんどありません。

あちらこちらでアルバイトをしながら、次の目的地に移動するといった、浮浪雲の様な旅でした。

「若いもんが、そんな物ばかり食っとったらいかん」

そんな道中、フェリーで北海道に向かう途中の事です。

フェリー代で所持金のほとんどを使ってしまい、船内の食事も高かったので、食事と言えば自販機でカップラーメンでした。

そんな私を見かねたのか、見知らぬ初老の男性が

「若いもんが、そんな物ばかり食っとったらいかん」

と、私に名刺を渡し、「食事の時間になったら食堂に来なさい」と言ってその場を立ち去って行きました。

フェリーで初老の男性に食事に誘われ...(画像はイメージ)
フェリーで初老の男性に食事に誘われ...(画像はイメージ)

言われるままに食事時に食堂に行くと、その男性が定食を準備して待っていました。そこから、その男性が下船するまでの間、私のすべての食事を、その男性が奢ってくれたのです。

「若気の至りとは言え...」

当時はまだ若かった私は、「気前の良い人もいあるもんだ」くらいにしか思っていなかったのか、まともにお礼も言えずにその男性と別れました。

しかし、船内の食堂はとても高かった。今思えば恥ずかしい限りですが、気前が良いだけでは見ず知らずの私に奢ってくれる訳など無いのです。きっと親心だったのでしょう。

あの時は気付かなかったけど...(画像はイメージ)
あの時は気付かなかったけど...(画像はイメージ)

その食事があったからこそ、その後も病気にもならず、無事に旅を続ける事が出来たのだと、その男性と同じような年になった今、やっと考えられるようになりました。若気の至りとは言え、旅先の恥ずかしいエピソードとして、今も思い出します。

「忘れられない旅先での思い出」教えて!

Jタウンネットでは読者の皆さんが経験した「旅先いい話」を募集している

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、旅行した時期・場所、具体的な内容(旅行でどんなことがあったか、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP