ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

大量の小銭、お肉に「変換」しませんか? 京都の精肉店が始める「異例の取り組み」

大山 雄也

大山 雄也

2022.06.04 20:00

お釣りでもらった500円玉をコツコツと貯め続けるような小銭貯金をしていた人が、読者の中にもいるかもしれない。

しかし昨今、小銭での入金や両替に手数料が発生する金融機関が増えている。

銀行に持っていけば損をするし、会計で大量に使えば店に迷惑が掛かる――そんな小銭を一杯持っているけど、使い道に困っている人に嬉しいサービスが始まる。

小銭を商品券に変えられる(画像はリリースから)
小銭を商品券に変えられる(画像はリリースから)

京都と滋賀に6店舗を展開する精肉店「お肉のスーパーやまむらや」(本社:京都市右京区、以下やまむらや)は、2022年6月5日から毎月5日限定で「小銭払いサービス」を開始する。

今後同店では毎月5日が「小銭だけで支払える日」に。もちろん小銭以外での支払いも可能だが、小銭だけを使う場合は店内に設置されたコインカウンターで小銭を計測し、その結果と同じ金額のやまむらやで使える商品券と引き換えられる。なお、商品券が使えるのは発行した当日だけ。

今まで貯め続けてきた小銭を損なくお肉に変えて、豪華な食事に......そんなことが可能になるのだ。

小銭貯金を持て余していた人には朗報だろう。ただ、店側からしてみれば、かなり手間をとる煩わしい企画のようにも見える。はたして、ちゃんとできるのだろうか。

5月30日、Jタウンネット記者はやまむらや広報事務局の担当者に話を聞いた。

得するのは客だけじゃない?
続きを読む
PAGETOP