ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

淡いピンクに引き込まれそう! まるで異世界みたいな写真に反響→撮影場所はまさかの...

井上 慧果

井上 慧果

2022.05.16 20:00

まるで絵画のように幻想的な一枚の写真がツイッターで注目を集めている。

夢の中のよう(画像はyuuui(@uyjpn)さんのツイートより)
夢の中のよう(画像はyuuui(@uyjpn)さんのツイートより)

これは2022年5月8日、フォトグラファーのyuuui(@uyjpn)さんが自身のツイッターに投稿した一枚。淡いピンク色が美しく、引き込まれてしまいそうなほど魅力的だ。

咲き誇る桜の木々を映したかのように見えるが......yuuuiさんによると、実際は全く違う景色だという。

いったいどういうことなのだろう?

Jタウンネット記者が12日、本人に詳細を聞くとこんな答えが返ってきた。

「撮影したのは雑木林でして、もし通常のカメラで撮影したら一面緑になるような場所でした」

撮影場所は群馬県の山中

yuuuiさんが話題の写真を撮影したのは群馬県安中市の山中。4月下旬のことだったという。

なぜ、一面緑の雑木林がこのような色合いの写真になったのか。yuuuiさんは次のように説明する。

「目には見えない赤外線領域を写した上で、特殊な編集方法を経てこのような桜色の写真になっています」
普段見ているのとは違う世界(画像は再掲)
普段見ているのとは違う世界(画像は再掲)

そんな特別な過程を用いて完成した「赤外線写真」には、特別なこだわりも詰まっている。

「カラー写真とは異なり色が少ないため、構図をよく練らないと平坦でつまらない写真になってしまいます。そのため、構図には拘って撮影しました。
少しだけ覗いている青空がお気に入りのポイントです」(yuuuiさん)

yuuuiさんのツイートには、11万件を超える「いいね」(13日夕時点)のほか、

「え、え、え??写真なの????」
「凄い、吸い込まれそう」
「綺麗すぎて動いてるように見える」
「こんな静かで明るい世界で暮らしたい」

といった感嘆の声が多く寄せられている。こういった反響に、yuuuiさんは「好きで撮影している写真に多くの反響をいただき嬉しい限りです」とコメント。

普段我々の見ているのとは違う世界を映す赤外線写真。とても幻想的で、どこかロマンを感じる一枚だった。

PAGETOP