ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ

見れば見るほど脳がバグる...! 三次元ではありえないはずの存在を「立体化」した造形師あらわる

福田 週人

福田 週人

2022.05.12 20:00

「不可能図形」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

二次元の絵としては描くことができるが、三次元の物体としては実現しない、三次元的な図形――つまり、立体的に見えるが、実際に立体にすることはできない絵、ということだ。オランダの画家・エッシャーが「上昇と下降」で描いた「無限階段」が分かりやすい例だろう。

そんな「不可能図形」の一種を立体化した造形作家が、ツイッター上で注目を集めている。

どうなってるんだ...(画像は榎木ともひでWF4-16-02@eyewater_eさんのツイートより、以下同)
どうなってるんだ...(画像は榎木ともひでWF4-16-02@eyewater_eさんのツイートより、以下同)

こちらは、兵庫県在住のフィギュア原型の制作を行う榎木ともひで(@eyewater_e)さんが2022年5月10日に投稿した写真。指先で持たれているのは、有名な不可能図形の一種「ペンローズの三角形」を、粘土を使って立体化したものだ。

三角形のどの「辺」が一番手前にあるのか把握できないような「ありえない図形」のはずなのに、リアルに存在している......! 不可思議な1枚に、ツイッター上では混乱するユーザーが続出している。

「あ、頭がバグる...」
「この三角形は見れば見るほどおや? ってなります!」
「捻りながら繋ぐような感じかなって意識は出来るんだけど、見ると認識出来ない」

一体、どうなってるの? Jタウンネット記者は11日、この作品について榎木さんに話を聞いた。

ある一定の角度から見た時だけそう見える
続きを読む
PAGETOP