ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「慣れない松葉杖をつき、雨のなか病院へ。びしょ濡れになった私を見て、ある予備校生が...」(都道府県不明・40代女性)

大山 雄也

大山 雄也

2022.01.25 11:00

「自分はびしょ濡れになりながら......」

あの日は足の怪我をして手術をしてから2回目の通院日で、天気は雨でした。

病院まではタクシーを使って行こうとしたのですが、つかまりません。私は諦めて、慣れない松葉杖を使い、徒歩で移動することにしました。

歩き始めると私はびしょ濡れに......そんな姿を見て、1人の予備校生が駆け寄ってきて傘をさしてくれたんです。

そして、自分はびしょ濡れになりながらも私を病院まで送り届けてくださいました。

予備校生が傘を......(画像はイメージ)
予備校生が傘を......(画像はイメージ)

病院で診察を終え、外に出るとまだ雨が降っています。またしてもタクシーはつかまりません。

諦めて歩き出すと、今度は中年のおじさんが

「駅まで行くんだろう?」

と言って、傘をさしてくれました。

「両脇を抱えて立ち上がらせてくれた」
続きを読む
PAGETOP