ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

電車の下から、見ているよ... JR西日本に登場した啓発キャラクターがたまらん可愛さ

大山 雄也

大山 雄也

2022.01.22 08:00

ポスターだけでなく、絵本まで

スキマモリは、子供がホームと列車の隙間に転落するのを防ぐ取り組みに活用されており、ポスターやデジタルサイネージに使われている。さらには、スキマモリが登場する絵本まで制作されている。

 「こどもスキマ転落防止プロジェクト」のポスター
「こどもスキマ転落防止プロジェクト」のポスター

しかし......。ツイッターユーザーからは大きな反響を得ているとはいえ、子供に向けての注意喚起をするには少し怖すぎやしないだろうか。はたしてどういった意図でスキマモリは誕生したのか。

2022年1月20日、Jタウンネット記者はJR西日本の近畿統括本部総務課の広報担当者に話を聞いた。

スキマモリが初めて登場したのは、21年9月。天王寺駅での実証実験でのことだった。そこに至るまではホームと電車の隙間への転落を防ぎたい思いがあったようだ。

「JR西日本の大阪支社の管轄で過去3年間に隙間転落が約100件あり、3割が10歳未満のお子様のものでした。以前から転落防止の注意喚起をするポスターの掲示をしていたのですが、中々認知が進まず、効果も得られませんでした」(担当者=以下同)

そんな状況の中で、「子供に認知してもらうこと」を目的に考案されたのがスキマモリだったという。

グッズ化の要望も出ているが......
続きを読む
PAGETOP