ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

上に辿りつける気がしない... 京都の「心が折れそうなほど長い階段」に注目集まる

松葉 純一

松葉 純一

2021.12.11 17:00

2021年12月7日、次のような写真が投稿され、ツイッターで話題になっている。

「まり」さん(@mariii_a73)のツイートより
「まり」さん(@mariii_a73)のツイートより

縦に長い写真いっぱいに石段が延びている。その途中に、白い服の女性が一人。立ち止まっているようにも見える。

投稿者のツイッターユーザー「まり」さん(@mariii_a73)が「京都には心が折れそうなほど長い階段がある」というつぶやきを添えて投稿したツイートには、8日夜時点で9万4000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ。

京都のどこだろう? ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「おおっ、伏見の明治天皇陵の階段だ」
「桃山御陵ですね」
「つい先日登ってきました」
「通学の時も使ってたので、久しぶりに登ったら最後の最後が堪えました」

さすがツイッターユーザーはよくご存知のようだ。ご指摘のとおり、京都市伏見区桃山町にある明治天皇の御陵「伏見桃山陵(ふしみのももやまのみささぎ)」にある階段である。

Jタウンネット記者は、投稿者の「まり」さんの話を聞いてみた。

「この瞬間を狙うために1時間以上待った」

伏見桃山陵は、京都市伏見区桃山町古城山(こじょうさん)にあり、伏見城旧本丸のやや南に位置している。

1912年7月30日、東京の宮城・明治宮殿で崩御した明治天皇の陵所(墓所のこと)である。

9月13日に東京・青山の帝国陸軍練兵場(現在の神宮外苑)にて大喪儀が執り行なわれた後、柩を列車で京都の陵所に遷し、15日未明、ここに埋葬された。

投稿者の「まり」さんによると、撮影日時は11月13日の15時くらいだったという。その時の状況について、こう語った。

「伏見桃山御陵には、トレーニングや散歩をされてる方が多くかったです。私の他にカメラを持って撮影されていた外国人の方が1組いました」
「この場所はInstagramやTwitterで流れてきた写真を見て前から気になっていましたが、行ったのは今回が初めてです。私は階段の真ん中くらいまで上って、一緒に行っていたカメラ友達にこの写真と同じように写真を撮ってもらいました」
「かなり人通りは多かったので、人がいなくなる瞬間を狙うために1時間以上は待っていました」(「まり」さん)

予想以上に人通りが多くて、実はシャッターチャンスをつかむのに、かなり苦労したようだ。

ちなみに、階段は合計230段あるという。

登れるか? 登れないか? 見ているだけで心が折れていても、始まらない。

読者も、京都に行く機会があれば、登ってみてはいかがだろう。滑らない靴を、どうかお忘れなく。

PAGETOP