ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

突如現れた猫に、ついて行ったら... 辿り着いた路地裏が「異世界への入り口」みたいだった件

松葉 純一

松葉 純一

2021.12.01 06:00

たまたま出てきた猫について行ったら......?

まず撮影した時の状況を聞くと、toshiboさんはこう答えた。

「撮影したのは、2021年11月28日になります。通りすがりに見つけた場所で、特別目立つ物もなかったために詳細な場所は記憶していないのですが、静岡県熱海市にほど近い所でした」
「おかしな話になるかもしれませんが、廃墟を撮影する活動をしているため、たまたまそれっぽい建物を見つけて近寄ったら、猫が出てきて、そのままついて行ったら裏路地に着きました。ただ、特別に入り組んだ場所だったりした訳でもなく、道路沿いからも確認できる様な場所だったので、猫がいなくても行けたのですが、体験の共感として面白いかと思い、ツイートに載せることにしました」(toshiboさん)

廃墟の建物を探していて、偶然に出逢った猫に導かれるように着いた裏路地だったようだ。

「電灯があるので使われてはいると思うのですが、これだけ荒れているので、人通りはあまりないのではないでしょうか?」(toshiboさん)

街灯がともる階段に、なぜか濃密に漂う廃墟感。この路地裏に、いったい何があったというのだろうか。

ツイッターにはこんな声も寄せられている。

「ジブリの『耳をすませば』みたいですね」
「プレイステーション1のゲームで『夕闇通り探検隊』ってゲームがあって、その中に出てくる情景と一緒でビックリですw」
「ゲームの『夜廻』ぽさを感じます」

アニメやゲームを連想する向きも多かったようだ。「サイレント」と言いかけて、沈黙する人も......。あるいは「サイレントヒル」を想起したのかもしれない。

PAGETOP