ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

これぞ「名店再現系」の醍醐味? お店じゃできないあんな食べ方、こんな食べ方「天下一品」カップ麺で試してみた!

オサーン

オサーン

2021.11.07 11:00

お店のトッピングをカップ麺で試してみた!

ねぎと「辛子ニンニク&味噌もどき」をトッピング
ねぎと「辛子ニンニク&味噌もどき」をトッピング

まずは、大量のねぎと先ほどの「辛子ニンニク&味噌もどき」をトッピング。ねぎは「天下一品」のトッピングの中でも最もポピュラーな存在で、この青臭さがあって初めて天下一品だと思っている方も多いかもしれません。

京都発祥の「天下一品」らしく、お店では九条ねぎが用いられていますが、九条ねぎじゃなくても天下一品のスープとねぎの青臭さは相性抜群でした。

「辛子ニンニク&味噌もどき」は、見た目こそお店のものとまったく違いますが、唐辛子やおろしニンニクの味はお店の味の再現度を高めてくれます。形にこだわらず、単に唐辛子か豆板醤とおろしニンニクをスープに足すだけでも良さそうです。

キムチをトッピング
キムチをトッピング

キムチも入れてみました。キムチの辛味と酸味によって丸いスープの味にエッジが立ち相性抜群です。食感もアクセントになっていました。

ただ、たくさん入るとスープの味が変わってしまい、せっかくの天下一品の味がよくわからなくなるので、少量を、後半戦の味変アイテムとして入れるくらいが良さそう。

お店じゃできない、カップ麺ならではの楽しみも
続きを読む
PAGETOP