ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

北陸3県に100店舗超 地元民が愛する「8番らーめん」が初のカップ麺化...一体どんなお味なの?

オサーン

オサーン

2021.08.15 11:00

帰省や旅行の気分を楽しんで

野菜がたくさん入っていて具が充実
野菜がたくさん入っていて具が充実

「ハチカマ」以外にも、チャーシューチップ、キャベツ、もやし、ニンジンが入っていて、特に野菜が充実しています。サンヨー食品のタテ型カップ麺は、スープや麺が素晴らしい一方で、具はあまり入っていないことが多いのですが、今回は「野菜らーめん」の名前通り、野菜がたっぷりで良かったです。

ただ、「激辛!」とか「ニンニク!」とか、わかりやすい特徴があるわけではないので、このカップ麺をひとつ食べて「北陸のソウルフードの魅力」を理解するのはちょっと無理がありそう。

お店の味を知っている人が、味を記憶で補正しつつ帰省や旅行をした気分を味わうのが良いのではないでしょうか。

もしくは、このカップ麺を「8番らーめん」の「名刺代わり」だと思い、いずれ時が来たら北陸新幹線やサンダーバードに乗ってお店を訪れるきっかけになれば良いですね。

もちろんその時は、お寿司やカレー、鱒寿司、お蕎麦など、他の北陸名物も楽しみたいです。

筆者:オサーン

カップ麺ブロガー。十数年前に出会った「日清麺職人」のおいしさに感激したことがきっかけでブログを開設。「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」で毎週発売される新商品を食べて毎日レビューしています。豚骨スープとノンフライ麺の組み合わせがお気に入りですが、実はスープにごはんを入れて食べるのが最も至福の時です。 Twitter(@ossern)
PAGETOP