ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

長野には「病気のバス」と呼ばれちゃってる車両があった デザインに込められたのは「世界平和」への願い

福田 週人

福田 週人

2021.07.30 06:00

長野県松本市には、老若男女に「ヤバい病気のバス」として親しまれているバスが走っている──。

そんな投稿が、ツイッターで注目を集めた。

なんだか都市伝説じみた、穏やかじゃない親しまれ方のような気もするが、一体どんなバスなのだろうか?

赤い斑点がいっぱい(画像は小三郎@AKAMATUKOSABU3さんのツイートより)
赤い斑点がいっぱい(画像は小三郎@AKAMATUKOSABU3さんのツイートより)

こちらが、実際のバスの写真。全体に散りばめられた赤い水玉模様が特徴的だ。

ツイッターユーザーの「人間池畑と愛犬たび」(@dot_kyomu)さんは2021年7月12日、このバスについて、

「松本市で老若男女に『ヤバい病気のバス』として親しまれている草間彌生デザインのバスですが小学生などはこのバスを見かけると親指を隠して見えなくなるまで息を止めています」

と投稿。霊柩車を見かけたら親指を隠さないと、「親の死に目に会えない」「親指から死霊が入ってくる」などという言い伝えもあるが、このバスもそういったカテゴリに分類されているのだろうか...?

池畑さんの投稿は、6000件以上のリツイートと1万3000件以上のいいねを集め、

「対向車だったらヤダなぁw」
「なんかの怖い話の設定でありそうw」
「せめて窓は水玉描くのご容赦願いたかった」

などと話題になった。

色んな大きさの水玉が場所も並びもバラバラに配置されたデザイン。たしかに、見方によっては何かの病気の症状のように見えてしまうかも......?

Jタウンネット記者はこのバスについて、池畑さんと松本市に話を聞いた。

「芸術好きな人が楽しめているならとても良いこと」
続きを読む
PAGETOP